アローARROWシーズン4まで動画レンタル配信情報(Netflix・TSUTAYA)

アローシーズン3までNetflixで楽しめます

ARROW/アローは、DCコミックスの『グリーン・アロー』が現代風にアレンジされたストーリーで、御曹司の息子でプレイボーイのオリバーがヒーローとなり活躍する海外ドラマです。

製作総指揮は、グレッグ・バーランティ(『ブラザーズ&シスターズ』)、マーク・グッゲンハイム(『弁護士イーライのふしぎな日常』)、アンドリュー・クライスバーグ(『FRINGE/フリンジ』)の3人が務めています。

アメリカでは、2012年から放送が開始され、2016年秋からシーズン5が放送開始になる人気シリーズとなりました。

日本では、2016年12月現在、1ヵ月無料体験できるNetflixにて、シーズン1・シーズン2・シーズン3が視聴できます。

ストーリーは、主人公オリバー・クイーンが孤島でサバイバル生活をしていたところ、通りかかった漁船に見つかるところから始まります。

5年前にこの島に流れ着いてからは、家に帰り、街を汚した者に鉄槌を下すことを目標に必死にサバイバル生活をしてきたオリバー。

既に亡くなったと思われていたオリバーが見つかったことは、ニュースでも大きく取り上げられました。

オリバーは、大富豪の父ロバート・クイーンと彼女の妹サラを乗せたヨットで遭難してした結果、一人だけ生き延びたのです。

5年ぶりに戻った我が家は、鏡に映る自分の姿さえも変わり果てていました。

しかも、母モイラは亡くなった父の友人であるウォルターと再婚していたのです。

遭難する前、オリバーにはローレルという恋人がいました。オリバーは、一番想っていたローレルに会いに行きますが、彼女の妹サラと浮気し、妹を死に追いやったことで「サラじゃなくて、あなたが死ねばよかったのに」とまで言われてしまいます。

そして、戻った翌日にオリバーは覆面の男達に突然拘束されてしまいます。

この男たちの目的と、オリバーの「街を汚した者に鉄槌を下す」という言葉の意味とは…。

第1話から、迫力のあるアクションシーンと「えぇ~!?この人、敵なの!?」と思ってしまうようなシーンもあり、見どころが盛りだくさんの海外ドラマです♪

アローのシーズン4がTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVとU-NEXTで楽しめます

Netflixで未配信のARROW/アローシーズン4は、動画見放題プラン・定額レンタル8が30日間無料+1080円分ポイントプレゼントキャンペーン実施中のTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV、見放題作品が31日間無料+600円分ポイントプレゼントキャンペーン実施中のU-NEXTで視聴できます。

2016年12月現在、TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVでは、ARROW/アローシーズン4が動画配信[ポイント利用OK]と宅配レンタルで楽しめます。

登録日を含めて30日間以内に停止/解除した場合は、月額利用料はかかりません。

U-NEXTでは、ARROW/アローシーズン4は動画レンタル配信[ポイント利用OK]で楽しめます。登録日を含む31日間以内に解約した場合は、月額利用料はかかりません。

無料トライアルでアカウントを作成しておけば、TSUTAYAの月額サービス停止後、U-NEXTの月額プラン解約後も単品レンタルを利用できるので便利です◎

シーズン4では、危険な男に街が襲撃されていると聞かされたオリバーは、街へと戻ります。

すると、ディグルに「もうチームにはいてほしくない」と言われてしまいます…。

配信開始となったばかりのシーズン4のエピソードは、以下のとおりです。

《ARROW/アロー シーズン4 エピソード》

第1話 グリーンアロー

第2話 希望と勇気

第3話 よみがえり

第4話 心をひとつに

第5話 コンスタンティン

第6話 すれ違う心

第7話 兄弟

第8話 レジェンド・オブ・イエスタデイ

第9話 宣戦布告

第10話 アナーキー

第11話 本当の自分

第12話 ロータス

第13話 父親の罪

第14話 愛と嘘

第15話 誘拐

第16話 別れ

第17話 希望の光

第18話 11時59分

第19話 キャナリークライ

第20話 ジェネシス

第21話 迫りくる危機

第22話 デヴァット・ノア

第23話 それぞれの道

【公式サイトはこちら】 arrow40-008 宅配レンタルと動画配信ならツタヤ!30日間無料お試しキャンペーン実施中

【公式サイトはこちら】 arrow40-008 U-NEXT 見放題作品31日間無料+600円分ポイントプレゼントキャンペーン実施中

本ページの情報は、2016年12月時点のものです。最新の配信状況は、上記公式サイトにてご確認ください。